生活習慣コンサルタント

menu

宮川良介 公式HP

人は〇〇を失ったら死ぬ

こんにちは、りおです。

現在はあるセミナーで
東京に来ております。

そこでは多くの学びを得させていただきましたが
特に面白いポイントがあって、

「これは美容にもつながるなあ」
と思ったことなので

ここでシェアをしたいと思います。

あなたがこの考え方を取り入れれば
間違いなく、今後
大きな影響力を持つことでしょうし、

美しさを保つことはできるでしょう。

なので、最後まで
読んでいただけたら幸いと存じます

では、早速いきましょう

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
人は〇〇を失ったら死ぬ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

世界で偉人と言われる人たちは
急死・突然死をします。

日本だったら

・岡本太郎さん
・尾崎豊さん

がわかりやすいです。

急死する人たちは
体調が悪くなる前に
ある共通項目がありました。

それが
「やる気をなくしたこと」でした。

人の生命エネルギーは
やる気なのです。

人はやる気を失うと
生命エネルギーを失い
生きる気力すらも失います。

その結果、自分の細胞の免疫力は下がり
病気にかかりやすくなります。

そして、急性呼吸不全になり
死んでいくのです。

一世風靡した尾崎豊は20歳のとき、
新たな自分に出会うために
アメリカに行きました。

しかし、アメリカで出会ったのは
希望ではなく、絶望でした。

どんどん、方向性を見失い
自分の音楽ができなくなり、、

生きる気力を失っていったのです。

逆に、、、

末期ガンなどの、すんごい重い病気になっても
見事に治して、復活する人もいます。

こういう人は
”生命エネルギーの根幹”である「やる気」を
持っているのです。

だから、細胞が頑張ってくれて
病気と闘い、生き抜くことができるのです。

全てはエネルギーです。
”やる気”も【気】なので、
エネルギーなのです。

エネルギーがなくなった人間は
生きることができなくなります。

仮に生きていたとしても
もぬけの殻状態なので
死んだも同然の状態です。

それであっては今世、人間として日本に生まれてきた意味を
成すことはできません。

これは非常にもったいないことです。

我々は魂が求めて
何かしらの意味を持って
この時代に、日本人として
生まれてきたのですから。

そして、自分のテーマを乗り越えるために
今の性格・見た目を作っているのです。

だから、魂を磨くために
自分と向き合って、
そして他人と向き合って
生きていかないといけないのです。。。

しかし、、、

それってしんどいですよね!?
エネルギー使いますよね?

実はエネルギーって保存できないんです。

理科で勉強する
「エネルギー保存の法則」の
エネルギーとは違います。

僕が言うエネルギーは
生命エネルギーです。

もっと広義なエネルギーです。

貯めることができないから
日々、産んでいかないといけないのです。

エネルギーを増加させるために
何が必要なのか?

それが「回転・循環」です。

自分の持っているエネルギーを
使って増やしていくのです。

例えば、

掃除をしたり、物を運んだり、
皿洗いしたり、誰かと会話したり、
誰かに笑顔で挨拶したり、、、

そういう日常の一挙手一投足に
自分の意識と祈りを込めて
やることで、エネルギーって増大するんです。

逆にどんなに体を使って動いても
「面倒だなあ」って思っていたら
自分のエネルギーは漏れていくだけです。

どんな意識でやるのか?
これは非常に重要です。

僕は

「あれもやらなきゃ」
「これもやらなきゃ」
「よーし、やってやるぞ!!」

って思っている時に
ちょーエネルギーが上がります。

なぜなら、自分の労力と時間を使って
周りのために動いているからです。

結局、人っていうのは
誰かのために動いている時が
すんごいエネルギーが上がるのです。

そして、体を使っているはずなのに
どんどん顔が生き生きしてくる。

目が輝いていくんです。

そして、人から愛され、応援され、
開運して、運命を超えていく。

こういう人生って最高ですよね?
美しいと思いませんか?

もしそう思うなら
根元のエネルギーを大事にして欲しいし
それを増やす努力をしてほしいです。

さもなければ
DEAD or Almost DEADです。

死ぬか、ほぼ死んでいるか

さほど、変わらないですね。

やる気は頭で産むものではないです。

机に向かって、ひたすら考えたら
「これが自分の生きがいなのかな」
って、都合良く浮かんでくるなんてことは
まずありえないです。

仕事をして
人と出会って
人を喜ばせているうちに
だんだんわかってくるものです

少なくとも
僕はそうでした。

そして、それが
美容と健康だとは予想外でしたけど。

さて、今回話した内容が
なぜ美容と関係しているのか?

最後にこれをお伝えします。

やる気(志・理想)を持つには
”誰かのために”というベクトルが必要です

自分のためにやっている人は
必ず燃え尽き、道に迷い、
やる気を失います。

美容も同じで
「自分が美しくなって、ちやほやされるため」
なんて思っていたら、
必ず燃え尽きて継続しなくなります。

仮に継続して、見た目が美しくなったとしても
内側はトゲのある、嫌な奴になります。

そんな人は美しいとは言いません。
少なくとも僕はそう思っています。

美しいというのは
内側の部分から生まれます。

それが外側に染み渡っていき
見た目も良くなっていくのです。

「自分が美しくなるのは
 周りのためなんだ」

「自分の美しさは
 周りに安らぎを与えているんだ」

っていう”意識”
これが非常に大切なんですね。

そういう考えを持っていれば
さらに美しくなるだろうし、
傲慢になることはありません。

そして、やる気に満ち溢れるんですね。

生き抜くために
美しくなるために

やる気を持つために
”誰かのために”動き、
エネルギーを毎日増やしていきましょう

内側から美しく生きる秘訣は
こちらのメルマガから案内しています

 

では、本日はここらへんで
ありがとうございました。

カレンダー

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829