生活習慣コンサルタント

menu

宮川良介 公式HP

検証 42日間ウォーキング 肌年齢は下がるのか?

こんにちは、りおです。

 

検証 肌年齢を下げるぜ!

本日から習慣化チャレンジというものを
進めていきたいと思います。

僕は健康フリークになってきていて、
新たにやってみたいことが
どんどん増えてきています。

せっかくやるなら自分だけで完結するのではなく
いろんな人に見て欲しいなと思うのです

そして、実際に僕がどう変化していくのかを見て
感化されてほしいのです

良い習慣を取り入れたら
確実に人生は変わりますから
僕のブログを見て

「おっ、これ取り入れてみよう」
って思って欲しいんですよね

なので、僕はチャレンジし
検証して、どのような結果になるのかを
見せていきます

ぶっちゃけ、健康や美容って
数値化できないのです。

人種、性別、年齢、体質によって
事情は変わってきますから

ただ、数字の変化がないと
楽しくないと思うので
今回はiphoneアプリの

・精密顔年齢
・viewty
・FACE LOG

を使って
肌年齢・顔年齢の変化を
見せていきます

そして、実際に継続してみて
体感的にどのような変化があるのかも
伝えていきます。

継続は
3・7・21・42日間後に
発表していきます。

第1回目はウォーキング。(別名:散歩・歩き)

昨日決めて
早速今朝やってました。

なぜ、ウォーキングなのか?

ポイントを説明します

1:体内時計

地球の時間は24時間に対して
体内時計は24時間11分と言われています
(諸説あり)

ということは
普通に過ごしているだけでは
時間感覚はどんどん狂っていくのです

何かして、自分の時計を調整していかないと
いけないのですが、

それにうってつけなのが
太陽光を浴びることなんです。

だから、どうせ散歩するなら
早朝に散歩して、太陽光を浴びて
いち早く、体内時計をリセットするほうが
1日の活動が合理的になるのです

なので、早朝散歩にしました

2:自律神経

歩くことで自律神経(興奮とリラックス)の
バランスがよくなります。

日頃、交感神経(興奮)の人は
ゆっくり歩くことで
副交感神経(リラックス)になるし、

日頃、副交感神経(リラックス)の人は
早歩きすることで、
交感神経(興奮)になります。

僕は交感神経過多なので
ゆっくり歩き、朝からリラックスするのがいいです。

そのあとの一挙手一投足が
丁寧になりますから。

3:姿勢

前を見て歩くことで
姿勢が良くなっていきます

姿勢が良ければ
血流は流れやすいですね

4:毛細血管の増加

散歩ほどの運動でも
毛細血管の量は増え
質は向上されます。

毛細血管の増加は
血流を促進し、代謝をよくします

5:セロトニン

歩くと、幸せホルモン(神経伝達物質)の
セロトニンが分泌されます。

そうすれば、感情・思考は良くなり
人間関係は良好になります。

ちなみにセロトニンをたくさん分泌したいなら
食事を整えて、腸内環境を良くすることです

6:心臓活発

歩くことでベータエンドルフィンが分泌されて
血液循環がよくなります。
そうすれば、心臓が活発になり
ビタミン・ミネラルが増えやすくなります

7:免疫アップ

血流が良くなれば
ターンオーバー(生まれ変わり)が
促進されます。

細胞が生まれ変わり
活発化していくことで
免疫細胞が強化されていきます。

あとは、血流が良くなるということは
新陳代謝も良くなる。
すなわち、脂肪燃焼にも促進されます

ということで
以上7点にまとめてみました
(細分化すれば、いくらでも作れる)

2/20の昨日にやると決めて
早速、今朝2/21、歩いてきました。

感想は、、、

ばり気持ちいい!!!

太陽光を浴びて
新鮮な空気を吸う。

それだけで気持ちいい

そして、30分歩いたら
ふとももが痒くなっていた。

「血行よくなっとるやん!」
って思いましたね

ちなみにふくらはぎは
第二の心臓と言われているので
使うほど、血流が良くなりますよ

さて、僕を含めて
多くの現代人は運動不足ですから
まずは一緒に散歩からどうです?

では、3日坊主と言われる
3日目が終わった時に
またシェアしたいと思います

 

免疫力をあげる健康法はメルマガから

ありがとうございました

カレンダー

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829